1. TOP
  2. 決勝更 男子100m背泳ぎは今も入江選手次第

決勝更 男子100m背泳ぎは今も入江選手次第

 2016/08/08 水泳学部
この記事は約 7 分で読めます。 432 Views

決勝結果

入江選手 7位でした。

入江選手も調子が良くなさそうなのです。

決勝残れていても、そう思ってしまうのは、彼も間違いなく、水泳の天才で、

圧倒的な技術の高さで、自分より遥かに体格、体力の優れた選手に勝ってきたときの輝きが失われているからです。

インタビューにも淡々とした受け答えをしていました。

 

選手 タイム

金
ライアン・マーフィー
アメリカ
51.97 秒
OR

銀
徐嘉余
中国
52.31 秒

銅
デイビット・プラマー
アメリカ
52.40 秒
4
ミッチ・ラーキン
オーストラリア
52.43 秒
5
カミーユ・ラクール
フランス
52.70 秒
6
エフゲニー・リロフ
ロシア
52.74 秒
7
入江陵介
日本
53.42 秒
8
ロベルト・グリンツァ
ルーマニア
53.50 秒

準決勝結果

入江選手7位で決勝進出。以前の入江選手に比較すると、痩せすぎて調子も今一つに見える。

それでも決勝進出できること自体が天才なのだが、どこか元気がないように見えてしょうがない。

立場的に弱気なことは言えないので一生懸命インタビューに無理にでも前向きに答えようと

しているように見えてしまいました。

 

予選に対して、タイムを0.23縮めているが、上位陣はもっと縮めていることからも

入江に余裕がなくなってきていることが想像された。

もともと天才的な、芸術家のような無駄のない素晴らしい泳ぎをしていた入江選手が

決勝までに何かを変えられるといいのだけど、かなり厳しい印象を受けた。

選手 タイム
予選通過
ライアン・マーフィー
アメリカ
52.49 秒
予選通過
デイビット・プラマー
アメリカ
52.50 秒
予選通過
ミッチ・ラーキン
オーストラリア
52.70 秒
予選通過
カミーユ・ラクール
フランス
52.72 秒
予選通過
徐嘉余
中国
52.73 秒
予選通過
エフゲニー・リロフ
ロシア
52.84 秒
予選通過
入江陵介
日本
53.21 秒
予選通過
ロベルト・グリンツァ
ルーマニア
53.34 秒

予選結果

入江選手準決勝進出決定 インタビューで準決勝で決勝進出にもっと速く調整すると答えていたが、どこか力がこもっていなかった。

入江選手は、背泳ぎを世界一上手に(技術的に)泳げる選手だけに、今の姿は、一時期ほどの輝きがみれず残念だった。

技術は高いままだが、なにか元気がインタビューから感じられなかった。

長谷川選手予選落ち、悲しげな表情が映し出されていた。

選手 タイム
予選通過
カミーユ・ラクール
フランス
52.96 秒
予選通過
徐嘉余
中国
53.01 秒
予選通過
ミッチ・ラーキン
オーストラリア
53.04 秒
予選通過
ライアン・マーフィー
アメリカ
53.06 秒
予選通過
デイビット・プラマー
アメリカ
53.19 秒
予選通過
エフゲニー・リロフ
ロシア
53.25 秒
予選通過
ジョシュ・ビーバー
オーストラリア
53.47 秒
予選通過
入江陵介
日本
53.49 秒
予選通過
ロベルト・グリンツァ
ルーマニア
53.51 秒
予選通過
クリス・ウォーカー=ヘボン
イギリス
53.54 秒
予選通過
グリゴリー・タラセヴィチ
ロシア
53.65 秒
予選通過
クリストファー・リード
南アフリカ
53.68 秒
予選通過
ギリェルメ・ギュイド
ブラジル
53.80 秒
予選通過
シェーン・ライアン
アイルランド
53.85 秒
予選通過
ジャン=フィリップ・グラニア
ドイツ
53.87 秒
予選通過
コーリー・メイン
ニュージーランド
53.99 秒

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛の大学|今を生きる知識を共有して人生を面白くの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛の大学|今を生きる知識を共有して人生を面白くの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

jinsei-me

この人が書いた記事  記事一覧

  • 映画『この世界の片隅に』あらすじ 感想 立見の映画館 漫画との違い アニメ化とのんの声でさらに素敵なすずと周作

  • 累(かさね)漫画 映画化 感想 無料読み 美醜コンプレックスの涙

  • 君の膵臓をたべたい:小説と映画の感想 あらすじ、名言、内容の変更点

  • サピエンス全史 あらすじ 書評 感想 リアルホラー、ミステリー 認知の進化が人を作った?ユヴァル・ノア・ハラリ

関連記事

  • 奇跡の男子800mフリーリレー銅 52年ぶり

  • メダル取れず リオ五輪競泳最終種目:男子400m個人メドレー最後のメダルはどっちだ。

  • 決勝結果追加:男子400mフリーリレー決勝進出 47秒台の日本人がとうとう

  • 全日本語圏を超える集中巨大報道:理由?ライアン・ロクテの強盗狂言のスキャンダルから学ぶこと

  • 決勝結果 池江もサラも素晴らし 無敵の女子水泳選手 女子100mバタフライ

  • 400mフリー決勝 鬼ブッチギリの女王ケイティ・レデッキー