1. TOP
  2. 水泳学部
  3. 400mフリー決勝 鬼ブッチギリの女王ケイティ・レデッキー

400mフリー決勝 鬼ブッチギリの女王ケイティ・レデッキー

 2016/08/08 水泳学部
この記事は約 4 分で読めます。 1,356 Views

ケイティ・レデッキー(Katie Ledecky)は400mフリーで2位に約5秒差をつけて世界記録で優勝しました。

あまりにも圧倒的に強くて、解説しにくいのですが、これだけの選手のことを書かないわけにもいきません。

 

アメリカの水泳スターは、フェルプスとライアンロクテから、女性のケイティー・レデッキーになるのかもしれません。

圧倒的に強いことはスター性につながり、男子選手でこれだけブッチギリの選手は今のところ見当たりません。

名前からWikipediaへのリンクを貼ったので詳しく知りたい人はそちらをご覧下さい。

 

泳ぎはブレもなく、まるで欠点が見当たらないだけでなく、

ともかく滑らかに、自分のパワー、エネルギーを最大限効率的にどこにも引っかかるところなく

水に伝えられている印象でした。ともかく自然なのです。

 

トップレベルの選手はみんなそうでしょうがその中でも一歩抜け出ているくらいに。

力を入れる必要のある筋肉にのみ力を入れて、

力を入れる必要のない筋肉はまるっきりリラックスできる。

 

それを他の選手より高い純度でできている選手という印象を受けました。

是非、彼女の泳ぐ映像をみて、何かを感じ取ってください。

たまに真上からの映像が出ると、彼女だけが左右へのブレがまるでないのがわかりやすいところの一つです。

ロンドンオリンピックで15歳でアメリカ最年少代表となりそのまま金メダルをとっていますが、

そこからも日々成長してきているということで、400m以上のフリースタイルでは無敵どころかライバル不在が続いてます。

手を抜かないんですね。何が彼女をそこまで駆り立てるのでしょうね。

そしてこれだけ、ブッチギリで勝っても、勝ったあとに何とも言えない

嬉しそうなホッとした表情をしていることも印象的でした。

 

選手 タイム

金
ケイティ・レデッキー
アメリカ
3:56.46
WR

銀
ジャスミン・カーリン
イギリス
4:01.23

銅
リア・スミス
アメリカ
4:01.92
4
ボグラールカ・カパーシュ
ハンガリー
4:02.37
5
ブリタニー・マクリーン
カナダ
4:04.69
6
タムシン・クック
オーストラリア
4:05.30
7
ジェシカ・アッシュウッド
オーストラリア
4:05.68
8
コラリー・バルミー
フランス
4:06.98

\ SNSでシェアしよう! /

人生の大学|個人が活躍できる世界を作るの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人生の大学|個人が活躍できる世界を作るの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メディア運営とライティング紹介 メディア運営とライティング一覧

jinsei-me

jinsei-me

全記事自分で書いています。
FBのリンク先で自分をさらしています。
興味の範囲が広いので、メディア名に大学をいれて、興味の範囲を学部で分類して書いてます。
今はブロックチェーンやトークンへの関心が高いです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 書評: 『日本の生き筋』を読んで”自分の生き筋”まで

  • 台北、札幌、釜山、上海、大邱 ブロックチェーンとAirbnbと格安航空券の旅

  • 書評と同時代を生きた経験:the four GAFA 四騎士が創り変えた世界 FBから転載

  • エストニア e-Residency、酒、美人とモデル比率

関連記事

  • 決勝結果追加:男子400mフリーリレー決勝進出 47秒台の日本人がとうとう

  • 決勝更 男子100m背泳ぎは今も入江選手次第

  • 準決勝追加100m平泳ぎ謎の失格からさらに謎

  • 決勝更新:リオ五輪 萩野公介2種目は200mフリーまた面白くなる根拠(面白くならなかった)

  • 決勝結果:男塾の松尾似の選手が100m自由形に出る 大和魂と僅差

  • リオ・オリンピック競泳スケジュール