1. TOP
  2. 決勝:憧れと勝負する萩野:リオ五輪男子200m個人メドレー決勝

決勝:憧れと勝負する萩野:リオ五輪男子200m個人メドレー決勝

 2016/08/11 水泳学部
この記事は約 7 分で読めます。 778 Views

決勝

マイケル・フェルプスは200mバタフライの僅差と違って、余裕の勝利でした。

同じ距離でも、彼にとって、バタフライより個人メドレーのほうが、泳法を切り替えることで筋持久力の点からもスピードを維持しやすかったのかもしれません。

タイムは、以前彼が、高速水着時代に作った自己ベストに近いもので、やはり彼は伝説のスイマーですね。ありえないことを成し遂げるのですから。

荻野は、最後の自由形であれだけ一気に4人抜き去って、銀メダルでした。最後に抜くのはかっこいのですが、それ以前にもっとペースアップできなかったのかなとも思いました。

荻野は、憧れのフェルプスに勝てないまま、彼への憧れを胸に抱いたまま、これからも水泳を続けるでしょうから、彼のこれからの水泳人生のためには、この結果を良かったと思える時が来るかもしれません。

ロクテ、ペレイラという名選手が、メダルに届かないまま終わってます。

選手タイム

金
マイケル・フェルプス
アメリカ
1:54.66

銀
萩野公介
日本
1:56.61

銅
汪順
中国
1:57.05
4
藤森太将
日本
1:57.21
5
ライアン・ロクテ
アメリカ
1:57.47
6
フィリップ・ハインツ
ドイツ
1:57.48
7
チアゴ・ペレイラ
ブラジル
1:58.02
8
ダニエル・ウォレス
イギリス
1:58.54

決勝前

リオ五輪の競泳で、水泳ファンが一番注目するであろうレースが男子200m個人メドレーです。

時間はこちらを見てください。

リオ五輪競泳スケジュール(スマホで見やすい)

マイケル・フェルプス選手はこのレースで引退するかもしれません。

(因みに、facebookの彼のページには800万以上のいいね! がついてます。

参考 https://www.facebook.com/michaelphelps/likes  )

200mバタフライで、優勝し、プールから上がった彼の姿を見ていると、

水泳に打ち込んできたことへの感慨が溢れ出てくるのを止められないようでした。

泣き出してもおかしくないようにすら見えました。軽く天を仰ぎ、何とも言えない深みのある表情をしていました。

レース自体も、ラストで急に失速してしまうという、彼らしくないレースで危うく金をとりました。体力的にもう限界が近づいているように見えます。

 

なぜ彼はここまで水泳に打ち込むことができ、これだけ水泳を好きでいられ続けたのでしょう。

おそらく、彼が子供時代、ADHDであり、リタリンを服用していたこと。

* 参考資料 http://www.additudemag.com/adhd/article/1998.html

ひょろ長いノッポで、大きな耳という容貌をからかわれるいじめられっ子であったこと。

水泳に集中することで、それを克服し、水泳のスパースターになれたこと。

それらと関係した、彼の心の深いところでしかわからない、水泳への深い思いがあるのでしょう。

 

ライアン・ロクテ 選手も決勝への出場を決めてきましたが、この大会では個人種目はこの200m個人メドレーだけの出場で32歳であることから、

泳ぎもピークアウトしていることから、引退するかもしれません。現在もこの種目の世界記録はロクテが持っていますが、5年前のものです。

2人は8年前から5年前に作った世界記録を今も保持しています。

 

100mバタフライ 49秒82 マイケル・フェルプス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2009年8月1日 世界水泳選手権 イタリアの旗 ローマ [14]
200mバタフライ 1分51秒51 マイケル・フェルプス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2009年7月29日 世界水泳選手権 イタリアの旗 ローマ [15]
200m個人メドレー 1分54秒00 ライアン・ロクテ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2011年7月28日 世界水泳選手権 中華人民共和国の旗 上海 [16]
400m個人メドレー 4分03秒84 マイケル・フェルプス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2008年8月10日 北京オリンピック 中華人民共和国の旗 北京 [17]

 

これは2人がスーパースターだということよりも、私には、これだけ長い期間、自分の記録を更新できないまま、

ウルトラハードな練習を継続できたのだろう、それだけ水泳がすきなんだなと、想像が膨らむことなのです。

ただ、才能があることでは、この二人のように、ここまで水泳に打ち込み続けることができないことだけは間違いありません。

 

そしてここに、日本のスーパースター 萩野が決勝で挑むことになりました。

その萩野自信がフェルプスに憧れ、水泳を続けてきました。

自分にとって、憧れの選手であるフェルプスに必ず勝つつもりでかれはこのレースに挑むことでしょう。

そして前回のオリンピックでは、フェルプスが不調だったとは言え、競り勝って、彼は銅メダルをとっています。

水泳界のスーパースターの世代交代がおこる。もうおきているのですが、

このレースの見所は、その世代交代が、有終の美を飾って行われるか、萩野が勝って引導を渡すかというところにあります。

ロクテとフェルプスはお互いを最大のライバルと考えていますし、二人共最後を飾りたい鉄の意志を持っている。

そこに萩野が割ってはいることができるか、それが見所になると予想します。

 

若い頃のフェルプスが圧倒的な強さで勝ち続けた今も彼が世界記録を持っている400m個人メドレーは

既に萩野が金メダルをとり、フェルプスは参加せず、ロクテは代表選考会で負けて参加できていません。

 

レースが終わったあとしばらくのあいだのフェルプスとロクテの態度、表情をみること、

そこに彼らの水泳への深い思いを見出すことも楽しみにしています。

 

予選通過
マイケル・フェルプス
アメリカ
1:55.78
予選通過
ライアン・ロクテ
アメリカ
1:56.28
予選通過
チアゴ・ペレイラ
ブラジル
1:57.11
予選通過
萩野公介
日本
1:57.38
予選通過
ダニエル・ウォレス
イギリス
1:57.97
予選通過
汪順
中国
1:58.12
予選通過
藤森太将
日本
1:58.20
予選通過
フィリップ・ハインツ
ドイツ
1:58.85

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛の大学|今を生きる知識を共有して人生を面白くの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛の大学|今を生きる知識を共有して人生を面白くの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

jinsei-me

この人が書いた記事  記事一覧

  • 映画『この世界の片隅に』あらすじ 感想 立見の映画館 漫画との違い アニメ化とのんの声でさらに素敵なすずと周作

  • 累(かさね)漫画 映画化 感想 無料読み 美醜コンプレックスの涙

  • 君の膵臓をたべたい:小説と映画の感想 あらすじ、名言、内容の変更点

  • サピエンス全史 あらすじ 書評 感想 リアルホラー、ミステリー 認知の進化が人を作った?ユヴァル・ノア・ハラリ

関連記事

  • 決勝更 男子100m背泳ぎは今も入江選手次第

  • 全日本語圏を超える集中巨大報道:理由?ライアン・ロクテの強盗狂言のスキャンダルから学ぶこと

  • 400mフリー決勝 鬼ブッチギリの女王ケイティ・レデッキー

  • 男子100m平泳ぎ決勝 小関也朱篤 選手の挑戦とアダム選手が圧倒の理由追加

  • 決勝のドラマ。これを知れば必ず感動できる。リオ・オリンピック 400m個人メドレーを見逃すな

  • 決勝結果追加:男子400mフリーリレー決勝進出 47秒台の日本人がとうとう