1. TOP
  2. キュウソネコカミは笑える祭りをくれるパンクバンド

キュウソネコカミは笑える祭りをくれるパンクバンド

 2016/10/03 音楽部
この記事は約 4 分で読めます。 471 Views

『キュウソネコカミ』という関西のバンド

メジャーデビューもしています。 聴くと、弾けまくって、無茶苦茶に、ただ、自分の言いたいことこんなに叩きつけてきているみたいなのに、面白くて、笑って、こんなのありなんだと、明るいショックを受けます。

例えば、

『DQNなりたい、40代で死にたい』

という曲名の(!!)彼らの曲、このタイトルの言葉を、大声で激しい、激しすぎる、雑すぎる演奏で、大声で繰り返し、熱っぽく 叫び続けるんですよ。それを50代の自分が聴くと、もうなんか、笑っちゃいます。無茶苦茶過ぎて、 DQNはドキュンの略で、ドキュンと撃たれてもしょうがないくらいの奴というのが由来のネットスラングですが、それを声が割れる大声で叫び続けるんです。

MV見ると、わかるんですが、それでもなんか、面白い、おかしい、愛嬌があるんです。 狙っているんだか、やりたいままに弾けているんだかわけわかんないのです。多分、本人たちも混ざったまま走り続けているんじゃないかと思うけど、ここまでやると、音楽はもう頭に残らなくて、ああ、笑った。笑えた。と それが残ります。

『OS』 という曲も、 スーパー銭湯と温泉(これの頭文字でOSらしいんですが。) いいかに温泉が素晴らしいかを、大声で歌い続けるんです。なんだこれはと思いながら笑いました。

主な曲のMVのリンクして掲載します。

サブカル女子

これも笑えます。 サブカル女子が根底では好きなんだと思うんですが、おちょくりまくってます。「ブログはお菓子祭り、お菓子はチーズケーキ」 とか 「カバンは缶バッヂまみれ」 とか「ブスではないけどかわいくない。 肩のあたりを殴られたい」 とか、「ブログに書いちゃう ウツ日記」 とか 本当に、面白い。

ファントムヴァイブレーション

これも、現代人、特に若者が、どんだけ、本当にどんだけ、スマホが生活の全てなっているかを、歌いまくってます。面白いけど、これ現代をすごくリアルに切り取っています。みんなが当たり前に感じているスマホばかり使っている生活を。

スマホはもはや俺の臓器

という、言葉も歌詞に含めれています。

良いDJ

「ステージの上で**シュウタたた」 とか高速のノリでうたっていて、歌詞わかんないとこあるけど、これも楽しい。

ビビった

これは自分たちのメジャーデビュー自体を、おちょくり題材にして、これも、とても面白く、ここまでできるのは、無茶苦茶なようで、自分たちを客観的にみて、受ける方法をしってますね。

カワイイだけ

「何でも可愛いですまして 中身のない会話」 と、多くの男が思っていることを言葉に歌にしてくれました。曲の調子が彼らの中ではちょっと洒落ている。

OS

さっき書いた。スーパー銭湯と温泉 ラブを温泉より熱く歌ってます。

GALAXY

もう何をいいたいのか、解説ができないのですが、「我々は宇宙人だ」とかも歌っています。

MEGA SHAKE IT!

「ビビった」の続編らしき作りで、メジャーデビュー後のやり取りで、曲をMV作ってます。(売るためとはいえ) ハウスミュージックは俺たち無理無理とかそんな感じではじけてます。

ハッピーポンコツ

「一生懸命やっているのになんかずれている」 みんなおもいがちなことから、曲を展開しています。

泣くな親父

これ、娘が父親から離れていくころのことをパロってます。メンバーの年齢からするとこの題材はいがいだけど、笑って泣ける題材を見つけ出してくるもんです。

ボーカル ヤマサキ セイヤ 

ボーカルのヤマサキ セイヤ の個性が印象的で、強気にみえるのに、喧嘩には弱いとも自ら宣言していて、でもファンは無理に強制的に、自分達のノリに合わせようとしたり、

睨みつけるような、でも愛嬌もあるような、ボーカルです。一度みると覚えてしまうキャラは強いです。

まとめ 弾けるって楽しい

昔、爆風スランプという 彼らと同じで、大学生時代から、バンド始めた人たちがいました。彼らのライブも無茶苦茶で、ライブ中高いところ登って、そこからションベンしたんですよ。

それが引っかかった奴がもう怒るんじゃなくて、笑っちゃって、音楽最高だ、ここまで自由でいいんだとか、逆に喜んじゃってということがありました。

このキュウソネコカミはそういう話を思い出させるくらい、はじけている。弾けて、思ったこと思いっきり表現して、でも売れるために、実は意外と計算されていて、

でも、関西人ぽい 受けとか、笑い狙いもあるようで、 ああ楽しかったな、笑ったなっていう 記憶が残る 音楽を提供してくれています。

キャラが立っているって、どの分野でも大切で、それが唯一無二の価値になるんだなって、そのためには、はじけちゃっていいんだなって、このキュウソネコカミは思わせてくれます。

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛の大学|今を生きる知識を共有して人生を面白くの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛の大学|今を生きる知識を共有して人生を面白くの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

jinsei-me

この人が書いた記事  記事一覧

  • 映画『この世界の片隅に』あらすじ 感想 立見の映画館 漫画との違い アニメ化とのんの声でさらに素敵なすずと周作

  • 累(かさね)漫画 映画化 感想 無料読み 美醜コンプレックスの涙

  • 君の膵臓をたべたい:小説と映画の感想 あらすじ、名言、内容の変更点

  • サピエンス全史 あらすじ 書評 感想 リアルホラー、ミステリー 認知の進化が人を作った?ユヴァル・ノア・ハラリ

関連記事

  • SEKAI NO OWARI『Hey Ho』”error”も 支援のブレーメン?変化?聴いてみた。繊細で比喩的で優しく何が正しいか考え続けているような。

  • 解説:ワンマンライブ開始?発売中止(醜が美を駆逐):変化ゲスの極み乙女 ALBUM『達磨林檎』11月9日、『シアワセ林檎』『勝手な青春劇』喪失と再生 Indigo La End解説解説追加

  • クリープハイプ 尾崎世界観がdisられる脳内を公開する世界館をやる

  • 尾崎豊の忘れな草:Forget-me-not (5+34)曲から恋愛 息子 死因 人生を思う(forget me not=勿忘草(忘れな草) 彼の遺産達)

  • 君の名は。(海外の反応)(紅白出場)(ヒット要因)(辛口評価)”RADWIMPS”(公開直前ベスト40掲載):”おあいこ”じゃすまない”おしゃかしゃま””ふたりごと””有心論”の感性は”前前前世”から?カラオケまで制覇

  • 岡村靖幸全曲紹介:”幸福”を”ぶーしゃかloop”な”愛はおしゃれじゃない”が”だいすき”で”ライブ”に”靖幸”の”友人のふり”じゃ”イケナイコトカイ”どぉなっちゃってんだよ”