1. TOP
  2. 経済学部
  3. 大切な追加:ダイソーのクロックス激似サンダルが100均以上でも大満足 本物と比較検証(100円ショップおすすめ)

大切な追加:ダイソーのクロックス激似サンダルが100均以上でも大満足 本物と比較検証(100円ショップおすすめ)

 2016/10/25 経済学部
この記事は約 7 分で読めます。 26,212 Views

2018年8月1日追記

情熱価格に絞るべきかも

気が付いたら、この記事が一番読まれていました。

気候変動でもう夏の暑さが昔と段違いで、夏はもうサンダルで済ましたい人増えてませんか?

サンダルごときと思っていましたが、今の夏だと、たくさん歩けて、気軽で、少し走っても大丈夫で、使い心地のいいサンダルって、一段と大切です。

試行錯誤して、結局今は僕は、この記事の最後の方に書いた、ドンキの情熱価格のクロックスの状況も出るとうり二つの(コピー)のサンダルをずっとこの夏は使ってます。

100円ショップのサンダルは、結局愛着わかないまま底に穴が開きました。

サンダルごときにスニーカー並みのお金を使う気にはなれませんが、直接肌に触れるから、それなり以上の使い心地でないと愛用する気になれないことがよくわかりました。

記事を書いた時点ではその時の自分の気持ちに正直に書いています。数年試していまはこういう感想です。

クロックスクラシックとドンキ情熱価格のクロックスの上級モデルのコピーみたいなの両方持っていますが、僕の足には情熱価格のものが寄り合ってます。これジョギングくらいできそうです。

馬鹿げたオチはドンキにKaepa(ケイパ)の在庫これだけとかいうサンダルがあって、それも買ったのですが、これはインソールがすぐ剥げて、足痛くなって歩けなくなるという、単なる銭失いでした。流石ドンキ。おれがバカなのか?

 

2016年の11月くらいに書き始めた100円ショップのサンダルとの比較記事

100円ショップの便利で超実用的なもの一例実例

すぐ壊れたり、今一なものもあって、でも100円だからしょうがないかって思うことないですか?

それで、しばらく前から気になっていたのが、このクロックス、クラシック(元々の原型)にソックリのサンダルです。

100均だけど、250円のクロックスそっくりサンダルを本物と比較検証

250%e5%86%86%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%ab%ef%bc%92

 

 

 

 

上の薄いオリーブ色が、クロックスクラシックの本物

下の黒がダイソーの250円 クロックスそっくりサンダル。

まずこうやって観ると穴の樹脂のバリとりがきちんとされてないことがわかります。よく観ると見た目が少し冴えないです。

250%e5%86%86%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%ab3

 

 

 

 

 

本物のクロックスは、私が3年間歩き倒して、外国旅行もこれで行ってきたので、もう底が減って、親指の付け根の辺りがもう少しで穴が開きそうなほど磨り減ってます。

黒のダイソーのサンダルは新品なのでソールもまだパターンが綺麗です。これがとても大切で、実はクロックス底のパターンが磨り減ると雨の時に、ツルーンとどうしようもなくすべる事があります。

かなり危険でそれで買い替えを考えてました。ダイソーのサンダルをまめに買い換えたほうが実用上、雨の日は遥かに安全なはずです。

3日間、ダイソーの250円クロックスそっくりサンダルで歩き回ってみて、実用上、本物と比べて、大差ない印象を受けました。

むしろ、250円でここまでの出来栄えというのが薄気味悪い、不気味なほどで、本物のクロックスの原価がいくらなのかが気になってしまうほどです。

厳密には、樹脂の足裏の触感が本物のほうが、多少柔らかく、しっとりしていて、優れています。見た目も本物のほうが良いです。

でもこのダイソー製250円が十分歩きやすく、3日間これで歩き回って、全然不足を感じません。

注意点:サイズがかなりいい加減です。

私は27.5をかいましたが、26くらいに感じてます。それと商品の個体差があるようなので、お店でよく見て、選びましょう。

物欲、金銭欲にこだわることがあほらしくなるほどの100均ショック

クロックス本物は約3000円位で売られています。

多少見た目が劣るものの、実用上ほとんど差がないものが100円ショップで250円で買えてしまう。3日間履いて歩き回って試しても、あまり違いがない。値段って、価格ってなんでしょう?  おまけにこの250円サンダルで、ちょっと寒くなってきた秋の東京を歩いていると、自分が物欲を捨てた修行僧にでもなったかのような、妙な乙な気分まで味わえています。

昨晩はあるご家庭を訪問しましたが、帰りにはこの250円サンダルを玄関に綺麗に並べておいていただいておりました。貧乏じゃなくて、自分はもう物欲にこだわらない価値観の人だと、主張しているかのような突き抜けたような、不思議な感覚に陥り、それが、すがすがしいような、多少の気持良さにすら感じられたのです!!!。 もっとも100円ショップ、役に立たないものも多いし、商品選択に人生の貴重な時間を使いすぎるのもあれなんで、それもそれですが、サクッとといいもの選べると、面白いです。

クロックスの樹脂はショック吸収性にも優れていて、足首やひざ等の関節の負担も軽減してくれるのですが、この250円サンダルはその機能もほぼ持っているように感じられています。

2018年2月の追記

ドン・キホーテで、正規と思われるクロックス、上の写真のへたった奴と同じものが

980円で売っていたので買いました。

一つ一つは微妙ながら、トータルの履き心地使い勝手がDAISOのクロックス真似サンダルより、よいことに改めて気が付かされました。

正規料金の約3000円ではあまりに値段が違い過ぎて考えてしまいますが、1000円前後でかえるなら、本物クロックスは、足になじむことと、足に優しそうなクッション性がやっぱり本物が上手だとわからせてくれるものでした。

クロックス・クラッシックスを超えるクロックスはクロックス社自体その後作れていないように感じます。個人的な趣味もあるかもしれませんが。海外旅行までこれで行ってきて歩き回ってみて私はそう感じています。

 

2018年4月25日追加

時間が経ってわかったこと。

ダイソーのクロックス激似サンダルはしばらくたってから、親指の付け根のところがチクッと痛むことがあり、そこに穴が開きました。本物クロックスはかなりすり減っても、穴は開きませんでした。

時間がたって、思った以上に本物との出来の差が大きかったことがわかりました。

また別の話ですが、ドンキで以下のサンダルが大量に売られていました。

1280円で、これはクロックスクラシックを超える使い心地です。

ただ、樹脂の匂いが最初はきつくてこれも好みが分かれるかもしれません。

クロッグスのこのこの製品にとても似ています。

Duet Sport Clog

僕がこの記事を最初に書いた時点では、ダイソーのサンダル、良さそうだけど時間がたつほど、正規品との差がはっきりして、現時点では、ドンキからさらに正規品に迫るかひょっとしたら超えるものが出てきたのです。このActiveGearとうのが、ドンキのプライベートブランドでコスパの良さそげな優れものと、やっぱやめときゃ良かったかなという製品が混在しているようようで、いくつか買ってみて、そんな評価です。わたしは。結局、そうやって買い物実験したくなるとこまで含めてドンキのビジネスにからめとられているのかもしれませんが。

 

cof

cof

 

\ SNSでシェアしよう! /

人生の大学|個人が活躍できる世界を作るの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人生の大学|個人が活躍できる世界を作るの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メディア運営とライティング紹介 メディア運営とライティング一覧

jinsei-me

jinsei-me

ブロックチェーンのMEDIAも運営しています。
http://kumai.tokyo/
FBのリンク先にありのままの自分をさらしています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 台北、札幌、釜山、上海、大邱 ブロックチェーンとAirbnbと格安航空券の旅

  • 書評と同時代を生きた経験:the four GAFA 四騎士が創り変えた世界 FBから転載

  • エストニア e-Residency、酒、美人とモデル比率

  • Synapse AI+ブロックチェーン はAIの脱中央集権を目指す。

関連記事

  • VALUの上場審査をヘビーユーザーが解説

  • トークンとトークンエコノミーとは 仮想通貨やビットコインと共に要注目になったわけ

  • VALU分割審査、分割手数料、分割前後の解説と対策

  • DeNA記者会見!まとめ記事削除拡大:非公開(MERY,CAFY,iemo,Find Travel,JOOY,cuta,PUUL,WELQ,upin,GOIN)変更(NAVERまとめ,Spotlight,ギャザリー,TRILL)

  • VALUユーザー向けの仮想通貨取引所

  • 書評:属さない勇気~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」生き方改革